vivo ~ヴィーヴォ~

神奈川県二宮町にある中古電子ピアノ・エレクトーン通販専門店

vivoロゴ
電話受付時間/9:00~19:30(月~土曜日) フリーダイアル:0120-300-751

日本初!中古電子ピアノ専門販売店の店長奮闘記

日々是勉強也。

いらっしゃいませ、皆様。

この辺りでは桜も盛りを過ぎたと感じますが、やっぱり朝夕はまだ肌寒いですね。

昼間のぽかぽかした日差しは実に気持ちよくて、

駐車場の車の上でお昼寝してたにゃんこが羨ましかったっっ。

「春眠暁を覚えず」とも言いますしね。

さてさて、昨日の夕方にうちのお店の電子ピアノのメンテナンスをしてくださる方がみえて、

うちの子たちの3台ほど見ていってくださいました。

見て貰ったのが、YAMAHAのエレクトーンで EL-90 と言う型なんですが、

これはメーカーリコールになっているもので、中の基盤を一部交換するんですが、

うちに3台あるうちの2台が未交換だったので、

前回依頼したときに「次に」とお話してたんです。

いくらこういうお店に勤めていても、なかなかデリケートな機械の中側には触りにくいもの。

今回目の前でエレクトーンの中側を見せていただいて、

触っていい部分や掃除などのときに取外しても大丈夫なところなんかも

教えていただきました。

あ、EL-90をお持ちのかた。このパーツ交換は無料なので、

気になった方はメーカーに問い合わせるか、うちにご連絡いただければ、

いつもお願いしている片をご紹介します。神奈川の県西部のお客様に限りますが。

もう一台は電子ピアノのCLP-920。

元々鍵盤を話した後、戻るときの音が結構大きくて「パタパタ」(イメージ湧きます?この擬音で)してたのが気になって、メンテナンス待ちだったんですけどね。

この子は結構年式が前なのと、

元のユーザー様がものすごく練習熱心だった方だったみたいで、

鍵盤のハンマーを受け止めるクッション材がハンマーでつぶされて、

厚み1cm弱くらいのクッションがペッチャンコ!

こんなにつぶれちゃうもんなんだなぁと、ちょっと感動ですね。

それだけいっぱい弾いてもらえたって事なんですからね。

で、このクッション部分を変えていただいたら、ぜんぜん違うんですよ!鍵盤の音が。

パタパタいわなくなって、手応えも重さを取り戻しました。

よかったー!この鍵盤部分以外はいたって元気な子だったので、

これでまた長く使っていただけるんですから。

うちは中古店なので、新品みたいに長い保障期間をつけることは出来ないんですが、

万が一のときに相談したり修理をお願いできる方がいると、

お客様にオススメするときにも安心です。

この道30年の大ベテランさんです。

毎回教えていただくことばかりで頭が下がります、ほんと。

だからね、うちの子達はみんな、万全の体制でお嫁入りできますよ!

ご安心下さいね。

ありゃりゃ。

皆様、いらっしゃしませ。

日付を見てびっくり。サボってましたねー、私。もっとマメにならなきゃ。

子供の頃から苦手だったんですよね、日記って・・・・・。がんばります。

今日はネットのお店のほうでお嫁入りした子をご紹介。

一台は KAWAI の PW1000 ですね。

どっしりとしたフォルムで大きなスピーカーを内蔵してるので、臨場感のある音が出ますよ。

インテリアとしてもばっちりなんじゃないかな。

もう一台は  YAMAHA の ARIUS YDP-160 ですね。

これもキャビネット型(アップライトピアノをコンパクトにしたようなやつね)なんですけど、

わりあいコンパクトボディで無駄がない機能の優れものさん。

どっちも明るい木目調で見た目も華やかですね。

電子ピアノを選ぶ基準のひとつに、サイズって重要ですよ。

普通のピアノと違ってサイズが様々なのが売りの一つですからね。

お部屋のどこにどんな風に置くのか、最適なサイズはどれくらいなのか。

是非メジャー片手に検討されてくださいね。

あーーーー、画像がない!!

しくじった、またお嫁入り前の記念撮影を忘れてしまいました・・・・。

おかしいなぁ、ネットのお店に出したんだから、どっかに画像があるはずなのに。

皆さん、どんな電子ピアノか気になった方は、上の文章からコピー&ペーストでグーグル先生に聞いてください。

進歩ないなぁ、私。文明に追いつきたいよ。

明日、座間市からお店に電子ピアノを見に来て下さると、お電話でお約束を頂きました(喜)。

ここは二宮町なんで、座間からだとちょっと距離があるんですけど、

どうやらお嬢さんがピアノを始めるにあたって電話で色々ご質問にお答えしてるうちに、

「やっぱり見に行きます」

とおっしゃってくださったので、ドライブがてらいらして下さい、とご案内しました。

楽しみですね~。いいご縁が結べるといいな。

決め手になるのは。

いらっしゃいませ、お客様。

今日は日差しがないと随分肌寒かったですね。

う~ん、毎日着るもので悩んでいますよ~。合着って難しいよね。

さて、今日のお題は、「決定打」です!

なにも、さよならホームランの話ではありませんよ。(私、野球詳しくないです)

悩み、迷った末に「これ!」というものに決める方法とでもいいましょうか。

今日も、ご一家で見えたお客さまが、同じ型、同じ製造年、程度もそう違わない子のどちらにするか、

一時間ほど迷って、とりあえず今日は保留となったんですが。

YAMAHAのCLP-950って言う機種なんですが、年式は2000年とちょっと前のものですが、

まだ音は十分にお使いいただけるものです。

金額も大して違いませんん。

このときの決定打って何か、って言われたら、皆さん何にするんでしょうか?

新しいものと古いものなら、当然新しいものを選んだほうが良いだろうし、

金額は予算の範囲で選ぶことになる、サイズもやっぱり理想が合ってそれに収まらなきゃダメですよね。

じゃあ、条件的に殆ど変わらない2台ならどうするかって言われたら、

やっぱり触るしかないんです。

中古の商品には、二つとして同じものがありません。

たとえ、同じ型番、同じ年式であっても、その機種が売り場に出るまでに辿った歴史は、

一台ごとに全く違います。

ろくに使わず過ごす10年と、引き込んで過ごす3年では、全く意味が異なります。

「中古商品」の魅力はなんと言っても「安さ」でしょう。

例え殆ど使われなくても、ひとたび「中古品」となったものは、新品と同じ金銭的価値にはなりません。

だからこそ、新品以上に注意して選ばなければいけないのが中古品です。

決してお安いものではないですから、是非満足のいくものをお選びいただきたいと思います。

うちのお店は元々ネット販売メインでした。

けれど、ネットの数の限られた画像と文章だけではお伝えできない部分を、

直接御自分で確かめて頂きたくて、店舗を構えることになりました。

せっかく元のユーザー様から縁あって当店にお売りいただいた電子ピアノたち。

お越しいただいたお客様と、ピアノたちの良縁を取り持つのも、私達の仕事ですから。

エレクトーンもあったりする。

いらっしゃいませ~。

今日は風が強かったですね。

いつもお店のガラス扉を半分だけ開けておくんですけど、

今日は風で閉まっちゃうんで閉めっぱなしでした。

お隣さんのゴミ箱が飛んできたりで、我が家の植木鉢が飛んでないか心配です。(←危

さて、今日のお題は、エレクトーン!

いや、単に今日はエレクトーンをいじってってだけなんですけれどね。

うちは中古電子ピアノのお店ですが、実は中古のエレクトーンもあったりします。

今店頭に並んでるのは7台で、

EL-90が4台(!)に、EL-100が1台、EL-500が2台。

EL-90なんて1991年が売り出しだけど、まだまだ現役なんですよ~。

電化製品てモデルチェンジが早くて、どんどん新しい機種が売り出されちゃうから、

どんどん価値が下がっちゃうじゃないですか。

それなのに発売から20年経っても需要があるって、特別だな、と感じます。

ただ、エレクトーンは電子ピアノ以上に大きくて重いので、

購入を検討されている方はどの部屋にどんな風に置くのかをよく検討されてから選ぶのをオススメします。

一戸建ての2階に設置、なんていうと、結構高くつく場合もありますよ。

階段から上げられるのか、クレーン車使用なのか・・・。

そのあたりもご相談に乗れると思いますので、ご来店の際にはお気軽にお尋ね下さい。

あ~、エレクトーンもまだまだ在庫があるんですけど、

何せ一台が大きいので、あんまり店頭に数を置けないのが悩みの種。

早く新しいユーザー様が見つかって、いっぱい弾いてもらえるように、仲人がんばらなきゃ(笑)。

そのためにも、皆様もご来店をお待ちしております~。

「来て、見て、触って」

皆様、いらっしゃいませ~。

今日も良縁に恵まれた子が一人、お嫁に行きました。

KAWAIのPW-7という子です。

この春からお母さんとお嬢さん、二人揃ってピアノを習い始めるお宅に行きました。

いいね、沢山触ってもらえそうだ。

やっぱり、弾いてこそ、の楽器ですからね。

最初お母さんが見えたんですが、CASIO、YAMAHA、KAWAIといろいろ弾き比べて、

「昔、ちょっとだけピアノを習っていたときの、ピアノのタッチに近い!」

というのが決め手でお買い上げとなりました。

その後、お嬢さんも見えて試し弾き。

こちらも納得のご様子でした。良かったー。

ちょっとでも早く配達を、とのご希望でしたので、配達作業員に確認を取って、即日配送、

今日お届けに行きました。すっごく喜んでもらえて、私たちもうれしい限りです。

やっぱりね、来て、見て、触って、に勝る選び方ってないと思う。

ネットなんかで、「この機種どうですか~」なんて質問に、

いろんな方からの返答があるのを興味深く拝見させていただいてますが、

結局突き詰めていくと、自分で試してみる、って言う方法が一番みたい。

勿論、この世には電子ピアノは星の数ほどありますから、

候補を絞っていくには情報収集は十分有効だと思いますが、

最後の最後、「よし決めた!」って言うのは、来て、見て、触って、その後のほうが、絶対納得行くと思います。

うちのお店だと、場所的には、

二宮町、中井町、秦野市、大磯町、ちょっとドライブがてら足を伸ばしていただければ、

小田原市や平塚市、伊勢原市なんかもいけるかな?

まだ、うちがリサイクルショップだった頃、

ブログを見て時々入ってくる電子ピアノを、山梨から見に来てくださったお客様もいらっしゃいましたしね。

決して安い買い物じゃないですし、長く使っていくものだから、納得のいくものにめぐり合いたいですよね。

私たちも、大切に使ってくれる新しいユーザー様との仲人が出来るときが、

一番うれしいんです!

 

お嫁入り 1号~!

いらっしゃいませ。

開店一番手のお嫁入りは、CASIOのPrivia PX-720C、でした~。

せめて画像を貼れ、といわれそうなんですけど、

相変わらず私のスペックがパソコンと時代に追いついていないので、

もう少しお待ちを。

(どんな電子ピアノだか手っ取り早く知りたい方は、ネット検索をプリーズ)←他力本願

画像をお見せするのが一番早いんですが、

コンパクトボディにお手軽価格の優れものなカワイ子ちゃん。(死語?)

多分、新品じゃ1番人気なんじゃないかな~。

電子ピアノにしろ生のピアノにしろ(正しくはアコースティックピアノ、だね)、

やっぱりスペースって重要な問題ですよ。

ピアノ置いたら立って寝なきゃいけないとか、笑えないしねぇ。

そんなこんなで、大きなキーボードみたいなデザインのPriviaは人気なんですね。

コンパクトだけど、ちゃんとシャッター式の蓋があるからほこりとかも防げるし、

足を取っちゃえばコンパクト収納で、必要なときだけ利用もOK。

スペースの有効利用ってやつですね。

あっ、あったあった、この子です。

CASIO Privia PX-720

でも、チェリーウッド調の色のだったから、違う子の画像だなこれ。

PCの中漁ったら出てきたんだけど。

うん、スタイルはこの子で、色は明るい木目調です!(そのまま押し切る)

電子ピアノって一概に言っても、いろんなデザイン、

いろんな機能があります。

ここでちょっとづつですけど、お披露目していきますね。

 

んでもって、祝☆初画像!(そんなご大層なものでもない)

文明に負けないように、がんばってUPしていきます!

 

 

OPEN!!

みなさま、いらっしゃいませ~。

すでに昨日のお話なんですが(・・・)、電子ピアノ・エレクトーン専門のリサイクルショップをオープンしました。

神奈川県の二宮町というところなんですが、ピンク色の看板がかわいらしいお店です。

昨日来店してくださったお客様のお嬢さんが数えてくれたところ、

店内にはなんと60台も中古電子ピアノがありました。いやー、驚きましたねー。(←え

 

金額・年式・メーカー、様々に入荷してます。

ここだけの話、まだ店頭に出せない電子ピアノやエレクトーンが、

倉庫にいっぱい眠ってます。

 

でもね、弾いてこそ!の楽器ですからね。

眠らせておくのはかわいそうだから、早く次のユーザー様に見つけてもらえるといいなぁ。

そんな「良縁」を取り持てるお店になるといいなと思っています。

ご近所の世話焼きなオバちゃんみたいなね(笑)。

「いい子なんだよ、器量が良くて、働き者!」とかいいながらね。

 

あ、お店の画像とかも載せたいけど、

なんとこれ、人生初ブログなんですよ、私。

いまどき、ドンだけアナログなんだとか言わないで下さい(泣)。

これからがんばっていきますよー。

 

うちのお店、昔同じ名前でリサイクルショップをやってたところなんです。

ご近所の方は知っててくださるかな?

「びっくり箱」って言うんです。

 

目の前に大きなスーパーがあるので、

近くの方はお買い物ついでに覗いてくださいな。

お待ちしてます!