vivo ~ヴィーヴォ~

神奈川県二宮町にある中古電子ピアノ・エレクトーン通販専門店

vivoロゴ
  • 電話受付時間/9:00~19:30(月~土曜日)
  • ※年末・年始に関しては、お休みを頂く場合がございます。
フリーダイアル:0120-300-751

日本初!中古電子ピアノ専門販売店の店長奮闘記

決め手になるのは。

いらっしゃいませ、お客様。

今日は日差しがないと随分肌寒かったですね。

う~ん、毎日着るもので悩んでいますよ~。合着って難しいよね。

さて、今日のお題は、「決定打」です!

なにも、さよならホームランの話ではありませんよ。(私、野球詳しくないです)

悩み、迷った末に「これ!」というものに決める方法とでもいいましょうか。

今日も、ご一家で見えたお客さまが、同じ型、同じ製造年、程度もそう違わない子のどちらにするか、

一時間ほど迷って、とりあえず今日は保留となったんですが。

YAMAHAのCLP-950って言う機種なんですが、年式は2000年とちょっと前のものですが、

まだ音は十分にお使いいただけるものです。

金額も大して違いませんん。

このときの決定打って何か、って言われたら、皆さん何にするんでしょうか?

新しいものと古いものなら、当然新しいものを選んだほうが良いだろうし、

金額は予算の範囲で選ぶことになる、サイズもやっぱり理想が合ってそれに収まらなきゃダメですよね。

じゃあ、条件的に殆ど変わらない2台ならどうするかって言われたら、

やっぱり触るしかないんです。

中古の商品には、二つとして同じものがありません。

たとえ、同じ型番、同じ年式であっても、その機種が売り場に出るまでに辿った歴史は、

一台ごとに全く違います。

ろくに使わず過ごす10年と、引き込んで過ごす3年では、全く意味が異なります。

「中古商品」の魅力はなんと言っても「安さ」でしょう。

例え殆ど使われなくても、ひとたび「中古品」となったものは、新品と同じ金銭的価値にはなりません。

だからこそ、新品以上に注意して選ばなければいけないのが中古品です。

決してお安いものではないですから、是非満足のいくものをお選びいただきたいと思います。

うちのお店は元々ネット販売メインでした。

けれど、ネットの数の限られた画像と文章だけではお伝えできない部分を、

直接御自分で確かめて頂きたくて、店舗を構えることになりました。

せっかく元のユーザー様から縁あって当店にお売りいただいた電子ピアノたち。

お越しいただいたお客様と、ピアノたちの良縁を取り持つのも、私達の仕事ですから。