vivo ~ヴィーヴォ~

神奈川県二宮町にある中古電子ピアノ・エレクトーン通販専門店

vivoロゴ
電話受付時間/9:00~19:30(月~土曜日) フリーダイアル:0120-300-751

日本初!中古電子ピアノ専門販売店の店長奮闘記

小さなお子さんと中古電子ピアノの選び方。

皆様、いらっしゃいませ。
今日も生憎の雨模様、肌寒い日となりましたね。
ついこの間、そろそろ半そでにしようかな、なんて考えてたのに。
みなさん、体調は大丈夫ですか?

どうやら私は風邪気味です。ちょっと頭が痛い気が・・・。

悪化させないように気をつけなければ。

さて、今日のお題は「小さなお子さんがいるお宅でのピアノの選び方」

実は昨日ご来店のお客さまが印象深くてこのお題なんですか。

4歳くらいかな?可愛らしいお嬢さんとご両親でお見えで、どうやらお母様は結構長くピアノを楽しんでいらっしゃる方だったようなんですが、お嬢さんもピアノを習い始めたみたいで、小さな手で一生懸命「キラキラ星」を弾いてくれました。

さて、どうやら電子ピアノを使うのは初めてのようで、お母様からどれがいいですか?なんて質問を受けたので、それぞれの特徴を紹介しつつ、お嬢さんもまだ小さいし元気のいい娘さんだったので、最終的にはYAMAHAのCLP-170とCLP-150をオススメしました。

私は小さなお子さんが始めてお使いになるピアノをお勧めするときは、メンテナンスしやすいものを選びます。ちゃんと蓋がついているものは埃をかぶりにくいので、センサーの不具合がおきにくいですし、メーカーはYAMAHAが最もメンテナンススタッフさんがあちこちにいて、修理の際の出張費が安く済むし、呼べば比較的すぐ来てもらえる、なんてところが利点です。

お子様の行動は、時として大人の想像を超えるもの。お店に出すために修理していると、電子ピアノのボディの中から、お菓子や紙切れ、小さなおもちゃのパーツや鉛筆などいろいろなものが出てきたり、うちのメンテナンスをお願いしている方とお話していると、ピアノ教室なんかに行くと、お子さんがジュースをこぼしたりなんていうのは、どうやら日常茶飯事らしいです。

勿論、お母様の言いつけはきちんと守って大事にする良い子ばかりなのが、お子さんがいるところに「アクシデント」は起こりがち。

というわけで、YAMAHAをオススメしたんですが、お母様自身もお弾きになるので、少しランクの高いものも見たいとおっしゃるので、今度はKAWAIのPW-7をご紹介。これは木製鍵盤の機種で、ピアノをある程度引き込んでいらっしゃる方がご来店下さったときに、必ず一度は眼を留める機種です。

弾き心地は、どうやらこのKAWAIの方がお気に召したようで、さて、予算とお子さんが使うことも考慮して決めましょうか、なんてお話をしているときだったんですが、見つけてしまったんですよね、お嬢さんが。

KAWAIに内蔵されている、「オーケストラマジック」を。

これは指一本で名ピアニストになれる便利な機能で、内臓曲(結構入ってますよ)に合わせてリズム良く鍵盤をどれでもいいから叩くと、メロディが伴奏つきで演奏できちゃうんですよ。くしくも、このとき流れたのが今お嬢さんがお気に入りの「キラキラ星」で。

もうね、離れないの(笑)、PW-7から。

そりゃそうですよね。だって、指一本で名演奏ですよ。

お嬢さんは暫くそれで遊んでいらっしゃいましたが、ここでまた私はお母様と相談。

お子さんが小さい場合、私がもう一つ注意してオススメするのは、あまり多機能でなく、ボタンが少ないもの。

これは機能が多すぎて使いこなせない、という勿体無さからと、お子さんにとって「ボタン」って絶好のおもちゃ。

大人になってもボタンやスイッチを見るとなんとなく押したくなってしまうのに、お子さんに我慢をしろ戸は無理な相談です。

ですので、練習中に遊んでしまわないように、いたってシンプルなものをオススメするようにしてます。

この日、お母様が悩んでいたのもそこ。KAWAIは気に入ったけど、「遊べる機能」が発見されてしまったとなると、喜んでピアノに触ってはくれるだろうけれど、果たしてちゃんと練習できるのか。

・・・・答えは昨日は出ませんでした。

楽しくないと長続きしないから、興味のある機能がついているのは非常に魅力的なんですけどね。

ただ、お母様の気持ちも分かるだけに、なんとも難しい話になってしまいました。

でも、パパもKAWAI推しだったから、お嬢さんが早くオーケストラマジックに飽きるのを祈ることになるのかな?

いろんな選び方がありますが、お子様のいる方はこういう選び方の考え方もありますので、ご参考に。