vivo ~ヴィーヴォ~

神奈川県二宮町にある中古電子ピアノ・エレクトーン通販専門店

vivoロゴ
  • 電話受付時間/9:00~19:30(月~土曜日)
  • ※年末・年始に関しては、お休みを頂く場合がございます。
フリーダイアル:0120-300-751

日本初!中古電子ピアノ専門販売店の店長奮闘記

理想の中古電子ピアノに出会う方法。

皆様、いらっしゃいませ。
随分とご無沙汰になってしまいました、申し訳ありません。

さて、間をおいてしまいましたが、岩手行き報告、第3弾!

に行こうと思ったら、なぜかウェブアルバムが開かない。何故?

これでは画像が上げられない、という事で。

先日ご来店くださったあるお客様とのお話を少々。

そのお客様は団地の5階、エレベータなしの建物にお住まいだそうで、長らく生のピアノを愛用なさっていたそうです。

腕前もすばらしくて、一時間ほど当店のピアノを色々試し弾きされていましたが、その間私は嬉しいBGMつきで仕事をさせていただきました。

さて、その長らくお使いの生のピアノですが、練習時間が夜になってしまうため、消音機能装置をつけたそうなんですが、これがどうやら失敗。

色々な掲示板を拝見していると後付の消音パーツは賛否両論あるようで、でも、大方の方ができるならばつけない方がよい、楽器が傷む、というご意見でした。練習時間や住宅事情を考えればやむをえない部分はあると思いますが、今回ご来店くださったお客様は日本に18台しかない(!)ビンテージモデルのアップライトピアノが、消音機能を付けたら音が「ホワンホワン」する(伝わりづらいかなぁ~)用になってしまったそうで、やむを得ず手放すことになさったそうです。

母娘でお見えですが、どうやらお母様のお気に入りの一品だったようで非常に残念がっておられましたが、楽器であるからには音は命。それに実はピアノの運搬て物凄く高くついて、団地の階段なんかだと「一段いくら」のお話なんですよね。お客様の話では今回引き取ってもらうために5階から降ろすだけで25000円かかったとか。それもあって、別にもう一台グランドピアノも持っていることだし、と今回は電子ピアノを購入することに決めたそうです。

お客様の話だと、以前どこかの電気屋さんで試し弾きをしたときはローランドのものが凄くよかったからと、当店にいらしたときも真っ先にローランドを試されましたが、弾いてみたら「?」と言った表情。以前試したのと、タッチが違う、とのこと。よくお話を聞いてみたら、以前試したのは当時のローランドの最高級機種でお客様のご予算の4倍近い定価の物。

う~ん、これはね、ありがちなことなんですよ。電子ピアノは機種のグレードによって性能も装備も変わってきます。高級機種とお手ごろ価格機種とでは、一番重要なところでは鍵盤の構造・システムそのものが違う場合が殆どです。なので1・2台試し弾きをして「このメーカーならいいんだ」という思い込みは現金。ご自分の予算・予定のスペースにマッチするものがいいかどうかは、メーカーだけでは図れません。

そのお客様も「次はクラビノーバで」とおっしゃるので、YAMAHAで一番売れるCLP-170をご紹介したものの、今度は音が理想では無いそうで、次は同じYAMAHAのDUP-7をご紹介。これは電気ピアノと言ってアップライトピアノの構造と、電子ピアノの発音システムを組み合わせたような作りなんですが、これはタッチはお気に召したようなですが、音はやはりちょっと理想とは違った様子。

その後は、私のイチオシ、KAWAIのL-5とPW-7をお試し。これはどちらもKAWAIの木製鍵盤機種ですが、私も色々試した中で一番ピアノらしいタッチかな、と思ったもの。但し、お客様のご予算からはちょっとオーバーだったんですが・・・。

そうしたら、KAWAIのL-5が鍵盤・音共に気に入っていただけたようでして、母娘でよくよくご相談なさった上でL-5のご購入を決めてくださいました。

新品だって機種ごとに違うスペックのものを、中古になればフルメンテナンスをしていても一台ごとにコンディションが違います。

このお客様が1時間かけて理想のピアノを探したように、触ってみて漸く分かることって沢山ありますよね。

なかなかお店まで出向くというのは大変かと思いますが、高い買い物です。

是非納得いくものにめぐり合いたいもの。

うちのお店では、試し弾きは何時間でも大歓迎ですよ。

素敵な音色の中お仕事できて私も嬉しいです。

お近くで購入をご検討の方、お待ちしております!